梅雨入りとあじさい❀|株式会社 中根総建

☎029-291-7642
トップ > 梅雨入りとあじさい❀

梅雨入りとあじさい❀ 【スタッフブログ

2020年 6月19日

こんにちは(^^)

6月も半ばを過ぎ、梅雨入りしましたね。

湿度が高く雨の日ばかりで、気分が上がらない方も多いのではないでしょうか(;O;)?

そんな今日は、水戸にある保和苑のあじさいをご紹介したいと思います。

保和苑は、大悲山保和院(だいひざんほわいん)桂岸寺に隣接する庭園です。遠く元禄時代、徳川光圀公が寺の庭を愛されて保和園と名付けられたのが始まりといわれています。

あじさい 道.jpg

あじさい 青.jpg
あじさい 白.jpg

保和苑では昭和30年代、苑を拡張してあじさいの植栽が行われました。初夏になると、苑内(面積1.5ha)の約100種6,000株のあじさいが咲き競い「水戸のあじさいまつり」が盛大に開催されます。残念ながら今年のあじさい祭りは新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、園内にはたくさんのあじさいが満開でした!

ピンク・白・青のあじさいが連なって咲いていて、見ごたえばっちり☆

くじゃく.jpg

園内に立派な孔雀もいました(';')こんなに近くで見たことがなかったので、大きさにびっくり(°Д゚)!

ジメジメと嫌な気分を、色とりどりのあじさいが爽やかな気分にしてくれました(^J^)

また、保和苑は水戸のロマンチックゾーンに位置しています。↓